ネットでiPhone4sを購入するコツ(SoftBank編)

43 views

商品を購入するだけなら、インターネットでの購入は簡単・迅速ですが、携帯電話の契約となるとそうはいきません。プランが多くて選ぶのに苦労するからではありません。

内容をしっかり理解しておかないと、キャッチコピー(宣伝文句)に誘導されて最適の料金プランを選び損ねるからです。

今回は、iPhoneを例に最適な料金プランを選ぶためのコツをご紹介したいと思います。

最初に、毎月必ず支払わなければならない料金を確認してください。

1.確認の仕方ですが、まずこちらからiPhoneの料金・割引サイトへ移動し、表示された画面中段の下図まで移動します。

毎月最低限支払う使用料は3のウェブ利用料315円+料金プラン(1か2)+パケット定額サービス(4か5)

です。オススメと表示されている「バリュープログラム(i)」は1+3+4、「標準プライスプラン」は1+3+5になります。2のプランが紹介されていませんので、後述します。



2.次に、iPhoneを分割で購入する場合にはその費用も加算しなければなりませんので、毎月支払う全体額を確認しましょう。赤枠の「バリュープログラム(i)」をクリックします。



3.表示されたサイトからわかるように、「バリュープログラム(i)」は赤枠2の「パケットし放題フラット」しか選べないので、赤枠1の「月月割額」(毎月の値引額のことです)も1,920円と高めに設定されています。



4.2の画面で「標準プライスプラン」をクリックすると、表示されたサイトからわかるように赤枠2の「標準プライスプランパケットし放題for スマートフォン」しか選べないので、メールやインターネットをほとんど使わない人には割安ですが、赤枠1の「月月割額」が1,440円になるというデメリットがあります。

iPhoneでインターネットを使う人はこのプランを選んでもメリットはありません。むしろ月月割額の差480円だけ損となります。



5.注意しなければいけないのは、上記料金プランは電話をまったくかけない場合の毎月の携帯代だということです。あなたが使った通話料をこれに加算して、実際に払う携帯代がわかるのです。

通話料が毎月3千円以内という方は、3、4の図中にある「Wホワイト」にチェックを入れてシミュレーションすれば通話料を含む月々の携帯代がわかります。

2で「その他の料金プラン」をクリックすると、下図でわかるように基本料に通話料を含んだお得プランがいくつもあります。毎月の平均通話時間、よく電話をする相手の携帯会社を調べて、ここをクリックして最適なプランを探してください。「料金比較ナビ」の使い方はこちらで説明しています。



6.現契約の中途解約で乗り換えをする場合、約1万円の解約料が必要なので、各社とも乗り換えキャンペーンで中途解約客を逃さないようにしています。ですから中途解約料を払って乗り換えキャンペーンを利用しても損得ゼロと考えてください。中途解約でなければ乗り換えキャンペーンはお得ですので、現契約の更新月を確認してから乗り換えてください。

7.iPhone 家族無料キャンペーンはお得ですが、2012年9月30日(日)までの期間限定なので、ここでは詳しく紹介しません。詳細はここからご覧になれます。

以上です。

ネットでのiPhone購入はこちらからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA