無線LAN(Wi-Fi)とセットになった光インターネットがお得

1 views

パソコンが無線化したため、フレッツ光やauひかりのインターネット契約者も

家庭を無線LANにする方が増えています。

無線LANにする方法はふたつあります。インターネット契約に追加するか、自分で無線LANルーターを買ってブリッジ=アクセスポイントとして使うか、です。どちらを選んだ方が得かを今回はご紹介します。

1.赤枠1の「フレッツ光」と「ひかり電話」の契約をされている方は、赤枠2の105円で毎月無線LANを楽しめます。
赤枠3の「フレッツ光」だけの場合は478円で毎月無線LANを利用できますが、自分で無線LANルーターを買った方が得です。無線LANルーターは300Mb以上の高速タイプでも5千円以内では買えるからです。

契約期間などの縛りの無いNTTフレッツの申し込みはこちらから

2.auの場合は月額525円の追加料金で無線LANが利用できます。auのスマートフォンを持っていて、2012年8月末までに契約する場合は、無期限に無料になりますのでお得です。私はauのiPhone4sを使っていますので、迷わず追加契約をしました。ただ、ホームゲートウェイ内蔵無線機能を持つBL900HW(速度最大450Mb)への機種変更代金として4千円弱かかりましたので、自分で無線LANルーターを買う場合と比べ大差はありませんでした。2012年9月以降なら、自分で買った方がお得です。

@nifty auひかり

3.ただ、自分で無線LANルーターを買う場合のデメリットもあります。無線LANルーターとの接続が少なからず切れるという点です。これは購入した

無線LANルーターとNTTやauのインターネット機器との相性問題

ですので、

ネットで情報収集のうえ購入する無線LANルーターを決定

するしかありません。

4.無線LANルーターの選び方ですが、まず、

802.11g(2.4GHz周波数)と802.11n(2.4GHz/5GHz周波数)の両方に対応しているものを選ぶ

ことが肝心です。802.11gは、速度は遅いですが、パソコン、プリンター、スマートフォン、ゲーム機に至るまで、これじゃないと繋がらない機種がまだまだ多いからです。最新型の無線LANルーターを買ったのに繋がらないという失敗は珍しくありません。

また、無線LANの電波を傍受する犯罪被害は増える一方ですので、強固な暗号化を実現したWPA2(AES)を使う802.11n搭載パソコンがすでに標準です。セキュリティ面で劣る802.11gが使われなくなるのは時間の問題なので、無線LANルーターが古くて繋がらないという目にあわないためにも802.11nを選んでください。

5.自信のない方には、

お使いのプロバイダがレンタルしている無線LANルーターを購入することをお奨め

します。パソコンショップやインターネットで購入できます。

6.無線LANルーターを購入するタイミングですが、多くのIT機器と一緒で、更なる高速化が進んだ直後に一世代前の機器を購入するのがベストです。今ですと300Mb台の無線LANルーターがお買い得です。問題は、世代交代の早さです。これもパソコンを始めとするIT機器全般にいえることですが、タイミングは短いので

日頃から物色しておくことが失敗しないコツ

だと思います。
[csshop service=”rakuten” keyword=”無線ルーター” category=”” sort=”-scorre” mode=””]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA